AMP JAPAN!!! 天使の絵画!!! ウィリアム・アドルフ・ブグロー!!!!!!

2010/08/12 | ALE&Co.,

 天使の絵画で私が一番オススメの画家です。

ウィリアム・アドルフ・ブグロー (William Adolphe Bouguereau)1825年 – 1905年

19世紀フランスのアカデミズム絵画を代表する画家。天使、聖母、少女、神話等を題材にした作品を数多く残している。印象派の画家たちの絵画を拒否した保守派の人物としても有名。1825年、フランス西部の港町・ラ・ロシェルに生まれる。1846年、パリのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入学。1850年にはローマ賞を受賞し、イタリアに留学する。1876年、美術アカデミー会員となり、1888年にはエコール・デ・ボザールの教授に就任した。

官能的で甘く精緻な美しさに満ちた画風は、当時非常に評価が高かったが、20世紀に入ると、印象派やキュビスム等の絵画様式の変遷の中で、ブグローの名は次第に忘れられていった。ブグローへの関心が再び高まるのは、20世紀後半、アカデミスム絵画が再評価されるようになってからである。

代表作は、1879年に描かれた「ヴィーナスの誕生」(オルセー美術館収蔵)。

 

img_78

img_84ALE&Coでは数々の「天使」のアクセサリーを取り揃えております。チェックしてみてください。6AM-134S_SSP69-CHERUB_SSSE9-41_S