AMP JAPAN!!!!SKINHEAD!!!!!!!

2010/03/19 | ALE&Co.,

2010年、今年は「FIFA南アフリカワールドカップ」開催ということで、「フットボール」絡みのアクセサリーの話しをしていきたいと思います。我らが日本代表はどこまで世界に驚きを与えることが出来るのでしょうか?最近、チャンピオンズリーグ、プレミアリーグでの「悪童ルーニー」の活躍は素晴らしいものがあります。「フットボール」の母国である「イングランド」にとっては1966年ワールドカップ以来の優勝が見えているのではないでしょうか?イングランドといえば「フーリガン」がいつも話題を独占しますね。「フーリガン」の歴史を辿ると70年代の「パンク事情」に繋がると僕は考えます。「PUNKS」、「SKINHEAD」にと二分されていて恐らくですが政治的背景の違いで「PUNKS」は「アナーキズム」つまり無政府主義を主張し、「SKINS{skinheadの略称}」は右の傾向の強い考えを主張していた集団で60年代後半からイギリスに現れた若者達です。特にですが「SKINS」は「フーリガン」の前進であり「フットボール」とは切っても切れない関係で、スタジアムでは大合唱しては大暴れ!今でもプレミアリーグの「ウエストハム」の試合では「SKINS」の連中をスタンドで観る事ができますよ。「SKINS」の好んでいた「アクセサリー」の代表的なのは「カミソリ」、「メリケンサック」、「手錠」、「キリスト」、など全てにおいて「メッセージ」を前面に押し出したアイテムで服装でも「Drマーチンの8ホール」、「Loakeのタッセルローファー」、「フレッドペリーのポロシャツ」、「ベンシャーマンのボタンダウンシャツ」などブリティシュの伝統に拘りながらもセンスが光るアイテムを選ぶところは脱帽です。今回、紹介する「AMP JAPAN」の「The Red Strings」シリーズは、勿論のこと「SKINS」、「PUNKS」、「U,K」好きには堪らないアイテムが充実しているので是非ともチェックしてみて下さい。最後に、時代背景は違いますが「自己主張!!」を前面に出している「アウトロー達にリスペクト!」

8OBIPCADFWK6QCA3B3A6ACARJDCINCA1V91B8CACP3U3BCAM084RQCA2JAFP7CAMK7WNOCAJRU52BCAQABWN6CA0W9ZU8CA3KQRROCA1PYG0WCABE0IU5CA5DEYCECAZGFT6RCAVC9QAGCAU1AUASCA5A69GW9AH-251_S9AH-259RED_S

Filed under: amp japan | | Comments (0)

AMP JAPAN!!!!!!!Mods!!!!!!!QUADROPHENIA!!!!!

2010/03/01 | ALE&Co.,

今日は「イギリスが一番熱かった1960年代」を「テーマ」に話しを進めたいと思います。僕自身、一番に影響を受けた「Mods!」というユースカルチャー。「QUADROPHENIA」という映画を観て衝撃が走った!!!背広の語源になった「サビルローストリート」にある「ピスポークテーラー」でイタリア生地(モヘヤなど光沢のある生地)を使った英国仕立てのスーツを選び。シャツも勿論オーダーに拘り。スーツの上からはアメリカ軍の「M-51パーカー」を着て「VESPA」や「ランブレッタ」に乗っていたカルチャーにヤラレタ!!!それから「Mods!」の虜になっていく俺。TheWhoの「四重人格」をGet!してフレッドペリーのポロシャツ、Levi’s501、クラークスのデザートブーツ、Vespa150GS、スクールジャケット、エドワードグリーンの革靴、マンチェスターユナイテッドのフットボールマフラー(ジョージベスト、カントナの大ファンの為)、などをGet!!!勿論、大好物である「ユニオンジャック」や「ターゲットマーク」も病気みたいに集め始める。最近のコレクションでのマイブームは「ZARA」の白シャツ、「オールデン」に「アナトミカ」が木型から作らせている革靴、そして「AMP JAPAN」から出ている「God Save The Queen」シリーズが熱い!!「ロイヤルエアーフォース(イギリス空軍)」をモチーフにしたバッチ(下写真)やエリザベス女王モチーフのペンダントヘッド(下写真)など「Mods!」好きだけでなく「イギリス大好き」のツボ!!をついたアイテムを出している。しかも造りがヤバイ!!細かい造りには脱帽である。例えば、「ロイヤルエアーフォース」のバッチのRAF,ユニオンジャックの部分は1点1点職人さんが「ハンドメイド!」で色を付けている。他のアイテムも細かい造りが素晴らしいので気になった方は「God Save The Queen 」シリーズをチェックしてみては?

CAB4LZGQ6AM-123_SCA9AZM16

Filed under: amp japan | | Comments (1)